FC2ブログ

管理人の運営日誌

携帯小説Rankingの管理人の運営日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

携帯小説Rankingの未来

 現在、当ランキングをさらに使いやすくするためにはどうしたらいいか、色々試行錯誤しています。
 当ランキング内にアンケートを設置してますが、もちろんそちらに寄せられた意見も参考にさせていただきたいと思っています。
 ただ、当ランキングはレンタルで運営しているので、その機能に無いものは実現できないという物も多数あります。

 当ランキングをはじめた当時にはある意味最低限ランキングサイトに必要な機能しかありませんでした。
 そういう時期にレンタルしたものなので、仕様は当時のままです。
 それじゃあ、いま現在機能が充実しているレンタルを利用して移転しようか、と簡単には言えないのが辛い所。
 もしそれをしたら、現在のランキングは閉鎖という事になり、登録された方々に再登録のお願いをメールしなければいけません。
 その中には、再登録をしない方も結構出てくるでしょう。そうなったら、機能は充実しても規模は小さくなってしまいます。
 でも、だからと言って、アンケートの方に「これこれこういう機能しかないからそのあたりよろしくね」なんて注釈入れたら、縮こまった発想しか出来ないでしょう。
 とりあえず、皆様の意見は制限無く受け付け、実現できるかどうかはそのあとに考えるのが一番です。


 さて、アンケートを見てみましょう。

 チャットやメールマガジンは、そういうサービスはたくさんあるので、実現しようとしたら即座に可能です。実際、過去にも当ランキングではメルマガを何度かやってました。
 その当時は、月間一位を発表するという、月一の発行でした。
 ただ、当ランキングは毎月一日にリセットされます。リセットされる前に集計しないといけません。 ところが私は、現在日勤夜勤交代制の職場にいます。その仕事の関係で、特定の日にデータ管理をするという事が非常に困難だったりします。
 結果、数回発行しただけで終わってしまいました。
 まあ、新着情報とかなら「今すぐデータを取らなきゃいけない!」なんて危機感は無いだろうから、やろうと思えば出来ますね。でも登録する人によっては「勝手にメルマガに載せないでくれ!」という意見も出てくる可能性もあるのでそのあたりをどうクリアするかが今後の課題となります。

 小説の書き方。これには重大な問題があります。講師を探さないといけないという事です。
 私は……ムリです、はい。誰かに教わったとか何かを読んでとか無く完全な自己流なので、人に教えるノウハウどころか小説を書くセオリーすら自分でもわかっていない状態ですので。
 もし小説の書き方をやるとしたら、誰か「自分が講師をやってやる!」と名乗り上げてくれませんか? いや、マジで。

 それ以外の項目については、今後機会があったら書かせていただくとして、私がやりたい事についてちょっと聞いてください。
 当ランキングの既約にもあるように、登録の際は小説のタイトルと小説ページのURLを入力していただく事になっています。
 しかし、登録画面を開くと入力欄には「サイト名」と書かれてます。
 本当は既約を熟読してから登録するのが当然なのですが、読まずに登録、結果違反登録と見なされ削除、こういう例があまりにも多い。
 多いときには、十件以上の登録があって削除を免れたのがたった一件だけ、という事もあります。
「規約を読まんほうが明らかに悪いんだから、遠慮無くビシバシ削除しろ」と言う方もいるのですが、もし登録画面の入力欄に「サイト名」ではなく「小説のタイトル」、ただ「URL」ではなく「小説ページのURL」と書かれていたら、ここはそういうランキングなんだと登録する人もわかってくれると思うんですよね。
 また、規約を読んだにも関わらず、「サイト名」と書かれているので迷った挙句小説のタイトルではなくサイト名を入力してしまう人もいると思います。それを防止するのにも役立ちます。
 そこで、登録画面をカスタマイズする。
 ちなみにそんな機能、当ランキングのレンタル元ではサポートされていません。多分、現時点でもそういう機能があるレンタルランキングは無いでしょう(詳しく調べてないのでわからないのですが)。
 そんな訳で、そういう機能が無いのなら作っちまえばいいじゃないか、という考え方もあります。
 私が考えている方法として、まず「登録はこちらでお願いします。下の『ランキング登録』は使用しないで下さい」と、登録者を誘導。そして誘導先には、本来の登録画面を読み込んで特定のメッセージを変更なり追加するプログラムを組んでその結果生成されるカスタマイズ登録画面を表示させる。
 技術的には難しいですが(私が作るのは難しいという意味で、簡単に作ってしまう人もたくさんいるでしょう)、不可能ではありません。実際、現在そのプログラムを作成中だったりします(ただ、テストでは成功しても実際にネットに上げたらなぜか動かなかったりするので公開するのはまだまだ先にはなりますが)。

 というわけで、今後の携帯小説Rankingがどうなるかは結局のところ当然ではありますが管理人である私の双肩にかかってしまっている訳です。

 さて、私の構想について皆さんがどう思うでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして

以前貴サイトのランキングに登録していたことのある者です。
今はサイト運営はしていないのですが、読者として度々利用させてもらっています。

携帯小説rankingのシステムを新しくしようとのことですが、一つ提案があるのですが…
貴サイトのランキングから辿り着いた「完全実力主義ランキング」というサイトなんですが、ランキングサイトでありながら小説書き方講座というコンテンツも置いているサイトでした。
ランキングの趣旨も素晴らしく、最近更新が活発になってきたようです。
そこで思ったのですが、コンテンツの共有とでも言いましょうか…
全くの部外者のくせに差し出がましいとは思いますが、完全実力主義ランキングの管理人様とお話になって小説書き方講座へのリンクを貼らせてもらってはどうでしょうか?
私は携帯小説rankingも完全実力主義ランキングも素晴らしいサイトだと思うので、二つが部分的統合をすれば両サイトとも発展して行くのではないかな?と勝手に期待してしまっているんですがf^_^;
もちろん私がこんなことを言ったせいで両サイトの管理人様にご迷惑が掛かるようなことがあればお詫びのしようがありませんので、ただの戯言として頭の片隅にでも残しておいてもらえると嬉しいです。

それでは長々と失礼致しました。

掻鳴 | URL | 2006年10月16日(Mon)22:17 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。